IToTの覚え書き

マイクロビット、アルドゥイーノ、ラズベリーパイなどで楽しい道具を作る趣味のサイトです。 基本的に自分用の覚え書きです。

音声認識モジュール V3

音声認識モジュールVoiceRecognitionV3をアマゾンで買いました。2,990円でした。
(参考サイト)自作CNCマシン・レーザーカッターについて
メーカー/販売店:ELEHOUSEマニュアルArduino用のライブラリリファランス
この種のものとしてはArduino用のライブラリがあるので使いやすいです。

このモジュールは1.5秒以内の音声命令を最大80個記憶しますが、1度に呼び出して識別できるのは最大7個までです。
従って簡単な使い方は、7個以下の命令で使う方法です。
複雑な使い方は6個以下の命令を6個の機種で使い分ける方法です。

まず、Arduino用のライブラリをダウンロードしてArduinoIDE1.6.5のスケッチ…Include Library…Add ZIP Libraryでライブラリをインクルードします。
使うピンはアースと5VとTX,RXの4つです。UNO側のTX,RXは何番でもいいですがクロスリンクしてください。つまりTX----RX,RX----TXと繋ぎます。私は5.6番を使いました。

最初に音声登録をします。スケッチ例からvr_sample_trainを選んでそのまま、Arduino Unoにアップロードします。この段階では3VのESP8266は使えません。音声登録はArduino Unoを使います
アップロードしたらシリアルモニタをだしてtrein 0と書き込むとSpeak nowとでるのでマイクに向かって話します。Speak Againでもう一度。Sucsessがでたら0番に音声が入りました。train 1で1番、train 2で2番とそれぞれ音声を入れていきます。

全部入ったら、ピンをESP8266に差し替て、実際の運用はESP8266でします。私はLOLINを使いました。LOLINの5Vピンでは作動しませんが3Vピンで作動します。TX,RX通信用にはD1(IO5),D2(IO4)ピンを使用しました。シンプルな使い方はスケッチの例のvr_sample_control_ledを改造し、複雑な例はvr_sample_multi_cmdを改造しました。

これ1台で家のものが全部音声で操作できます。
つまりグーグルホームミニに代わって家庭内IoTの中核となれるものだと思います。グーグルホームミニよりは認識率は低いですが、例えばインターネットに繋がっていなくてもルータがあればWIFIで動かせますし、車内とか屋外とかのIoTに使えるのではないでしょうか?
EXCEL

生産性の高いRocketMouse
自由度の高いUWSC
兼ね備えたものがあれば・・・
RockU4
(いつもより余計に回っていますパチパチパチ)

アイデアとしては、RocketMouse2000のメニューをそのまま移植して、指定するとUWSCのマクロを自動で書いてくれるもの。これでRoketMouseの生産性をまねできます。
また独自関数を使わないようにすれば、手直しもしやすい。これでUWSCの自由度が得られます。
RocketUWSC、略してRockU.exeと名付けました。
最初、Filemaker4で作った2つのファイルをランタイム版にしました。
その後、それをFilemaker8で1つのファイルにしてランタイム版にしました。
最後にUWSCに移植してProでexe版にしました。RockU.exe

・商用利用、配布について
  商用利用は自己責任において可です。
  二次配布(スクリプトにFree版のUWSC.EXEを同封)するような事はご遠慮ください。
  この場合は、シェアウェア版のUWSC ProにてEXE化したものを配布するか
  当サイトからFree版をダウンロードしてもらうようお願い致します。
   
UWSC Free版 Ver5.3.0.2 2017/04/18 のRadme.txtより

似て非なるもの。
umiumiさんの消息不明でHPも消えUWSCが合法的に使っていいものか議論されるようになっています。(現在それを明言する根拠物がないため)
またUWSC.exeそのものの再配布は禁じられていたため、自分の作った.uwsファイルを他人に配布するときに利用者がUWSCを用意しないといけません。今はvectorでDLできますが、いつ消えるかわかりません。
ところが、UWSCProで作ったexeファイルは元から自由に配布してよかったので、今回は実行プログラム付きのマクロエディタを作ってみました。つまりUWSC.exeが無くても動くタイプのものです。
仕組みはRUeditor.exeが専用のマクロエディタで.txt形式のマクロファイルを作ります。それを実行プログラムのRU.exeが実行します。RU.exeはダブルクリックでRU.txtを実行し、その他のファイルはコマンドラインまたはドラッグアンドドロップで実行します。RU.lzh

UWSC簡単操作

変数を入れてボタンを押すだけで簡単にUWSCマクロが書けるのじゃ

変数:

関数の()内の変数をカンマ(,)で区切って入れます。テキストは""で括ってください。

簡単な操作

 
起動してウィンドウIDを取得します。

IDのウィンドウを閉じます。


ウィンドウ名からウィンドウIDを取得します。

IDのウィンドウをアクティブにします。

IDのウィンドウ位置の調整をします。

マウス/キーボード操作


マウスの左クリックをします。

IDのウィンドウの相対座標で左クリックします。

  
IDのウィンドウに対してショートカットキー操作をします。

打つキーをカンマで区切ってください。""は不要です。

高度な操作


IDのウィンドウのメニュー名のメニューをクリックします。

IDのウィンドウのボタン名のボタンをクリックします。


IDのウィンドウのテキストを変数TXTに取得します。
ID=0でクリップボードのテキストを取得します。

IDのウィンドウにテキストをコピーします。
ID=0でクリップボードにコピーします。

ファイルの全内容を変数TXTに取得します。

ファイルの全内容を変数TXTに書き換えます。

文字列操作


文字列TXTからTXT1を返します。

文字TXTからTXT1を返す。

文字列TXTからTXT1を返します。


文字列TXTから文字数Nを返します。

文字列TXTから探す文字の位置Nを返します。

文字列TXTからTXT1を返します。

条件/繰り返し




IF~ENDIF間に繰り返す内容を入れます。

IF~ENDIF間に繰り返す内容を入れます。


FOR~NEXT間に繰り返す内容を入れます。

繰り返しの中で使い、IF~ENDIF間に実行する内容を入れます。

IDのウィンドウに挿入されます。ID=0でクリップボードにコピーされます。

1msなら0.001とします。

ソースコード:

コピペして~.uwsとしてテキスト保存するとUWSCで使えます。

↑このページのトップヘ