ガスセンサーのアナログ値をD1のWiFi機能を使って自宅のWebSeverにリアルタイムで書き込む。
自宅サーバにはファイルメーカーWebコンパニオンでデータベースを用意した。とくにHTMLファイルは用意せず、直接ファイルメーカーにデータを書き込む。

スケッチはスケッチの例のESP8266ClientのBasicTHHPClientを参考にして改造した。
センサーが暖まるまで10秒待って、計測開始。
D1はWiFi経由でDHCPからIPを受け取り、自宅のサーバに接続して10秒毎にガスセンサーの値をファイルメーカーに送る。