WEMOS wikiの商品スペック表を見ていたらD1ボードはアナログは入力ピンが1個だけだったが、D32ボードはアナログの入力ピンが6、出力ピンが2もある。ややこしい設計変更せずに、D1ボードに変更しましょう。

これで、H2とCH4の2つのアナログ値を同時に計測できます。

1.HiLetgo® ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetoothデュアルモード

2.KKHMF ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetooth デュアルコアCPU低消費電力

3.WINGONEER UNO R3 D1 R32 ESP32 ESP-32 CH340G開発ボードDual-Mode WiFi Bluetooth Arduino用マイクロUSB搭載の4VDC DC 5V-12V(今回のテストは3.を使いました)

今まで使ってきたWindowsXpはESP32とは、相性が悪いのでWindows10を使います。USBドライバは必要ありません。

Arduino IDEも1.6.5ではD32ボードをインストールできないので、1.8.5を使います。1.6.5に追加でインストールするため1.8.5はZIPダウンロードしました。

環境設定で以下を追加。
https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

ボードマネージャでesp32 と入力. esp32 by Espressif Systems version 1.0.0を選択して Install

ボード: "DOIT ESP32 DEVKIT V1"
Flash Mode: "QIO"
Flash Size: "4MB (32Mb)"
Partition Scheme: "初期値"
Flash Frequency: "80MHz"
PSRAM: “Disabled”
Upload Speed: "115200"
Core Debug Level: なし
シリアルポート: ご自分のUSB(COM)ポート
書込み装置: USBasp

その後、esp8266-google-home-notifierをインストールしました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
#include <WiFi.h>
#include <esp8266-google-home-notifier.h>

GoogleHomeNotifier ghn;

void setup() {
WiFi.mode(WIFI_STA);
WiFi.begin("106F3F3C2***", "mh1nr5jpc0***");
delay(5000);
ghn.device("リビングルーム", "ja");
ghn.notify("みなさん、こんにちわ");
}

void loop() {
}
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

D32ボードでもちゃんと喋ってくれました。