UWSC簡単操作

変数を入れてボタンを押すだけで簡単にUWSCマクロが書けるのじゃ

変数:

関数の()内の変数をカンマ(,)で区切って入れます。テキストは""で括ってください。

簡単な操作

 
起動してウィンドウIDを取得します。

IDのウィンドウを閉じます。


ウィンドウ名からウィンドウIDを取得します。

IDのウィンドウをアクティブにします。

IDのウィンドウ位置の調整をします。

マウス/キーボード操作


マウスの左クリックをします。

IDのウィンドウの相対座標で左クリックします。

  
IDのウィンドウに対してショートカットキー操作をします。

打つキーをカンマで区切ってください。""は不要です。

高度な操作


IDのウィンドウのメニュー名のメニューをクリックします。

IDのウィンドウのボタン名のボタンをクリックします。


IDのウィンドウのテキストを変数TXTに取得します。
ID=0でクリップボードのテキストを取得します。

IDのウィンドウにテキストをコピーします。
ID=0でクリップボードにコピーします。

ファイルの全内容を変数TXTに取得します。

ファイルの全内容を変数TXTに書き換えます。

文字列操作


文字列TXTからTXT1を返します。

文字TXTからTXT1を返す。

文字列TXTからTXT1を返します。


文字列TXTから文字数Nを返します。

文字列TXTから探す文字の位置Nを返します。

文字列TXTからTXT1を返します。

条件/繰り返し




IF~ENDIF間に繰り返す内容を入れます。

IF~ENDIF間に繰り返す内容を入れます。


FOR~NEXT間に繰り返す内容を入れます。

繰り返しの中で使い、IF~ENDIF間に実行する内容を入れます。

IDのウィンドウに挿入されます。ID=0でクリップボードにコピーされます。

1msなら0.001とします。

ソースコード:

コピペして~.uwsとしてテキスト保存するとUWSCで使えます。