Windows10の最新パソコンが送られてきたのですが、私の古いソフトが動かないので苦しみました。
まず、SofTALKがVB6用だったので、動かず。.Windows10用のVB6ランタイムセットをインストールしましたがダメ。.NET4用のSofTALKは動きましたが、今度はコマンドライン発音が使えずボツ。同じアクエスト社のAquesTalkエンジンの棒読みちゃんに変更。こちらはおまけのRemoteTalkでコマンドライン発音がやっと成功。
ファイルメーカー4とホームページプロはどちらもインストール不可能。Windows7でインストールしたフォルダをコピーでなんとか起動した。クラリス社はもともとマックのソフトを作っていて、dllファイルをWindowsフォルダではなく、アプリケーションフォルダ内に持っているのでうまく行ったのでしょう。無理くりですが、ぎりセーフ。
Windows10初期設定で、Windowsアカウントを聞かれたり、PIN設定を強制させられたり面倒でした。起動時パスワードを入力不要とし、PINは削除して、なんとか起動時の手入力を回避しました。
動かなくなるといけないのでWindows Updateサービスを停止し、Chromeの広告サービスをAdBlock機能拡張でブロックしました。
おくすり110番中によく出てくる広告防止のために、Chromeの設定で
googleadservices.com
googlesyndication.com
googletagservices.com
doubleclick.net
のポップアップを不許可としました。
最後に回復ポイントを作成して、送り主に送り返しました。
でも、同じようなスペックのパソコンがどうして2台も送られてきたのか未だに不明。
(あとで、もう一つの箱には私の古いMebiusノートが入っていたのだそうです。わかりませんでした)

マイクは本体のマイクを使うことも可能ですが、今回はSonyのダイナミックマイクを同梱のUAB-80で接続して使用してください。
(本体の左手前にマイク端子がありますが、Sonyのダイナミックマイクを直接つなぐと音量が小さく使えません)
スピーカーはUAB-80で外付けを使うことも可能ですが、本体内蔵のを使用してください。
このとき、Windowsスタート...Windowsシステムツール...コントロールパネル...サウンドから
再生...スピーカー Raltek(R) Audio
録音...マイク UAB-80
に規定値に設定してください。

うまく動かないときはAnyDeskを使ってリモートでメンテナンスができます。
調子が悪いときは電話またはショートメールしてください。

このパソコンは自動操縦ソフトが使用しています。
他の用途には使用しないでください。また、他のソフトをインストールしないでください。
アンチウイルスソフトも動作タイミングをずらせたり、想定外に画面に現れて自動化ソフトの邪魔をします。
人が手でキーボードやトラックパッドをなるべく触らないようにしてください。
画面の解像度、拡大率は変えないでください。
現在、services.mscからWindows Updateサービスを無効にしています。Windows Updateを行わないでください。


追伸
sofTalk(VB6版)ができたコマンドライン読み上げをsoftalk(,NET4版)ができないと書きましたが、間違いでした。オプション...環境設定...その他...引数をファイル名/オプションとして処理するのチェックを外すとコマンドライン読み上げをしてくれました。私としては棒読みちゃんは文節を区切りすぎるのでsofTalkのほうが好きです。棒読みちゃんに「薬品名は?」を読ますと「Yakuhinmei ha ?」と発音するので「薬品名わ?」にしないといけないからです。
パソコンはもう送ってしまいましたが...