IToTの覚え書き

マイクロビット、アルドゥイーノ、ラズベリーパイなどで楽しい道具を作る趣味のサイトです。 基本的に自分用の覚え書きです。

カテゴリ: 自分用

K0000026612

職場の古いSOTEC C103ノートが内蔵電池切れで起動のたびに日付がおかしくなりました。
Chrome(Xp最終1.3.36.102)が毎回日付がおかしいと開いてくれないし、開かないページも増えてきました。XpのMSEもなくなってセキュリティーがないので家に持って帰って内蔵電池を入れ替えるついでに7 Proにバージョンアップしました。Xp時代のソフトが動かないと困るので10ではなく7にしました。

内蔵電池交換
内蔵電池はDR2302で両面テープでくっついているだけなので、電線を指で引っ張って取り出しました。電極の端子はラジオペンチを右回転してきれいに剥がしました。近くにハンダがなかったのでセロテープで止めたあと、ビニールテープで被覆して終わりです。

Windows7Pro install
ヤフオクで買った全バージョンの7インストーラCDをUSBに入れてブートできるようにしました。スペック的に本当はStarterを入れたかったのですが、Proのプロダクトキーシールがヤフオクで安く売っていたのでそれを使って電話認証しました。7のシールは裏のXpのシールの上に貼りました。
Vistaのドライバは7でも使えますがXpのドライバは使えません。でも運良くOS標準以外何も入れなくてもデバイスマネージャーで確認してすべて通りました。
大きく遅くなりそうなのでOS updateはしたくなかったのでやりませんでしたが、Windows defenderは使いたかったのでKB4489878だけを手動インストールしました。これでdefenderは最新になりました。
IEはそのままでChromeをダウンロード・インストールだけに使います。
windows.oldからbookmarksを検索して新しい同じ場所に保存してブックマークをコピーします。
メールソフトはOutolook Expressのマルチリンガル版oe6multi_setup.exeを使いました。
windows.oldから.wabを検索して電話帳をインポートします。

IME
ATOK11は動きませんが、代わりにGoogle日本語入力を使います。GoogleJapaneseInputSetup.exeが起動しないときは先にvc_redist.x86.exeを入れます。

これでXp環境に近い形でなんとか使えるようになりました。まだまだ使えます。





いまだに自宅サーバを使っています。
サーバは水冷なので比較的安定していますがHDDの定期バックアップは欠かせません。
一番簡単な方法を紹介しましょう。
まず、AmazonでHDDスタンドを買います
何でもいいのですがどれを買ったらいいか優柔不断で決められなければ、たとえばこれです。(値段から)
stand

ハードディスクの容量は現在の本体と全く同じか、大きいものがいいですが、最低、現在の使用領域の容量より大きければ大丈夫です。ノートパソコンの2.5インチなのにデスクトップの3.5インチを買うとバックアップ自体はできますが、交換して中に入れることはできません。(笑)
2.5インチならこちら。
なんでもいいならこちら。
SSDならこちら。
なんでもいいならこちら。
SSD
HDDスタンドにバックアップ用のハードディスク(もちろんSSDでもよい)を刺して、パソコン本体とUSB接続してバックアップします。
バックアップはEaseUS todo Backupというフリーソフトを使います。
これをダウンロードして、CDまたはUSBに入れて、そちらからパソコンを起動してバックアップします。
この後は、<<こちらの記事>>が詳しいです。
・EaseUS Todo Backup FreeでブータブルUSBメモリを作成しました。
・Todo BackupブータブルUSBメモリでCドライブをバックアップ

どうしてもHDDから起動するときは起動画面が出ているうちにDELキーかF2キーを押してBIOS画面に入って、起動方法からCDまたはUSBを選択してください。
起動したらソースディスクとターゲットディスクを指定してバックアップボタンを押すだけです。1時間もしたらバックアップ完了です。
2
より詳しい内容を読みたい読者様のために、
EaseUS Todo Backup Freeの公式ページ
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

↑このページのトップヘ